さとうひろし 一有権者のブログ 

アクセスカウンタ

zoom RSS 2017/01/22 追記:南京虐殺

<<   作成日時 : 2017/01/22 02:08   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

戦時中、南京郊外での住民虐殺を行った兵士達が、当時書き残した日記「陣中日記」を、小野賢二さんと言う方が、長年かけて調査している様子が、2008年4月6日深夜、日本テレビで、「兵士たちが記録した 南京大虐殺」というタイトルで放映されました。

http://www.dailymotion.com/video/xnu8oo_%E5%8D%97%E4%BA%AC%E5%A4%A7%E8%99%90%E6%AE%BA-%E5%85%B5%E5%A3%AB%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%AE%E8%A8%98%E9%8C%B2-%E9%99%A3%E4%B8%AD%E6%97%A5%E8%A8%98-2008_news

https://www.youtube.com/watch?v=ZNui1xBB1Yw
https://www.youtube.com/watch?v=tWZ5VKPtUI8
https://www.youtube.com/watch?v=zH1TwZHEsoo
https://www.youtube.com/watch?v=qKMY-2qnnHE

私もこの番組を見て、mixiにはその感想を書いたのですが、インターネット上でこの番組についての記録がないかと探していたところ、公開ブログ上でこの番組を紹介している方がいらっしゃいました。
http://plaza.rakuten.co.jp/sirjapan/diary/200804070001/
とても丁寧に番組の概要を紹介しているので、私のブログでも紹介させていただきたいと思います。

当時の兵士達が書き残した複数の陣中日記から、1937年12月16,17の2日間で、2万人弱の捕虜が虐殺された事が確認され,更に12月18日にも、1万人以上を虐殺したという記述が残されています。捕虜と言っても、その中に老人や子供が多数含まれていたことを明記した日記も残されています。虐殺(日記には銃殺と記載)が軍命だった事は日記にも明記され(虐殺の場所や方法も詳細に記録されている)、虐殺の理由は、捕虜に与える食料が無かったためと推察される(日本兵への食料補給もなく、軍命で現地での食料略奪が行われていた)というお話。

たった一つの歩兵連隊が関わった虐殺だけでも、老人や子供を含む2万名以上が虐殺されていた訳です。虐殺された犠牲者の総数が数十万という数字は,見当違いの推量とは言えないでしょう。

日本国内のメディアでは、南京大虐殺について,信憑性の低い情報はしばしば紹介されますが(虐殺を否定するため)、こうした地道な調査活動は、殆どメディアで紹介されない点に,注意しておく必要があると思います。


4/2追記:
1938年の南京において市民の保護に尽力したドイツ人を描いた映画「ジョン・ラーベ」(フローリアン・ガレンベルガー監督/中・仏・独)の、日本公開を求める署名運動が進められています。
http://www.shomei.tv/project-897.html
運動の趣旨に賛同してくださる方がいらっしゃいましたら、上記URLから署名をお願いいたします。


2015/10/08追記:
2015年10月4日深夜には、本テレビのNNNドキュメントで、上記番組の続編ともいえる内容が、「南京事件 兵士たちの遺言」というタイトルで放映されました。

https://www.dailymotion.com/video/x38lb8r_%E5%8D%97%E4%BA%AC%E4%BA%8B%E4%BB%B6-%E5%85%B5%E5%A3%AB%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%AE%E9%81%BA%E8%A8%80_news

http://lite-ra.com/2015/10/post-1564.html

この続編では、番組スタッフによる、当時の軍部の公式記録と陣中日記との照合で、日記の記載に事実と異なる内容が無かったことが放送された他、小野賢二さんが撮影した、陣中日記を書いた本人へのインタビュー映像も放映されました。2008年の放送では放映されなかったもので、証言者に危害が加えられるのを防ぐため、証言者の存命中は、放送を控えていたのかも知れません。

また最近、この陣中日記に記載された虐殺は、暴動を起こした捕虜を鎮圧するためだったという説が流されていますが、この日の放映では、陣中日記に暴動鎮圧を示唆する記述が一切無いことも、指摘されていました。

なお、南京虐殺についての事実関係は、下記のインターネットサイトでも、確認することができます。
http://seesaawiki.jp/w/nankingfaq/

2017/01/22追記:
少し古い記事ですが、南京事件に関連する、日本側の記事や証言(略奪や虐殺を認めた内容)をまとめた記事がありましたので、リンクを張っておきます。
http://d.hatena.ne.jp/bluefox014/20090602/p1

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2017/01/22 追記:南京虐殺 さとうひろし 一有権者のブログ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる