さとうひろし 一有権者のブログ 

アクセスカウンタ

zoom RSS 少数民族問題

<<   作成日時 : 2009/10/28 22:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先のウイグル暴動については、表向き、その首謀者達が次々と明らかにになり、逮捕され、法の裁きを受けたとの報道がなされていますが、これは、裁判過程が(民主主義の国々と比べ)不透明な、中国政府の発表であることに注意しておく必要があると思います。
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=36161
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=36613

人権団体ヒューマンライツウオッチは、ウイグル暴動などに関する中国司法の闇を指摘しています。
http://www.hrw.org/ja/news/2009/10/20-5
http://www.hrw.org/ja/news/2009/10/16
下記は日経ビジネスオンラインに掲載された、世界ウイグル会議議長へのインタビュー(全文を読むには、無料の読者登録が必要です) 。記事の内容については、記者自身の、根拠に乏しい憶測も混ざっているようですが?
http://business.nikkeibp.co.jp/article/world/20091026/208026/

また日本ではほとんど報道されませんが、スリランカの、内戦に乗じたスリランカ政府による一般市民への虐待、虐殺も続いています。
http://tanakaryusaku.seesaa.net/category/6453740-1.html
http://www.hrw.org/ja/news/2009/10/23
http://www.hrw.org/ja/news/2009/10/19
http://www.hrw.org/ja/news/2009/10/10

一方、ロシアのチェチェン紛争に関しては、様々な利害で動くマフィアやテロリスト達が暗躍しているのは、事実だろうと思います。しかしロシア政府はチェチェン紛争に関し、対外的には「テロとの戦い」と称して、交渉相手となり得るような組織立った勢力のリーダーを暗殺し、ロシア政府自らがテロリストが暗躍する状況を作り維持しているのも、恐らく事実でしょう。
更にロシア政府は、治安部隊を使い、住民の誘拐・拷問・殺害を繰り返し、恐怖でチェチェンを支配しようとしていることが国内からも指摘され続けています(それを公にするジャーナリストは次々暗殺されている)。
http://archive.mag2.com/0000093520/index.html

アメリカ政府かかつて、ロシアが核兵器を削減する見返りに、チェチェンでの残虐行為を「テロとの戦い」と認め、黙認したことは、もう何年も前に、(私の記憶違いでなければ)NHK特集でも指摘されていましたが、アメリカ政府は、イラクで、ロシア政府がチェチェンで行ったのと同じ方法を使って(恐怖による支配)、表向きイラクを「平和」にしようとしたのだろうと思います。 ファルージャにおける、米軍の計画的な非武装市民抹殺や、米軍が、米軍の暴力支配に対する市民の抵抗を「テロ」と偽り虐殺を続けていたことは、少なくともネット上では何度も報じられ、この日記執筆時点でもまだアクセス可能な記事があります。
http://homepage2.nifty.com/rei-ngo-report/schrd.htm
http://teanotwar.seesaa.net/
http://www.rose.ne.jp/~mamitti/fallujya0411.htm
http://www.jca.apc.org/~kmasuoka/places/iraq0404d.html
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik3/2004-04-12/03_01.html
http://www.onweb.to/palestine/siryo/jo-fallujah.html

けれどチェチェンもイラクも、大国の暴力による支配は平和を一層遠のかせただけでした。

オバマがアメリカ大統領になった今も、現実はまだ何も変わっておらず、ロシア政府は未だ、アメリカの前政権(ブッシュ政権)と同様、紛争を続けることで国粋主義的な世論を維持しようとしていることを、私たちは認識しておく必要があると思います。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
少数民族問題 さとうひろし 一有権者のブログ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる