さとうひろし 一有権者のブログ 

アクセスカウンタ

zoom RSS 外交の始まり

<<   作成日時 : 2009/11/17 21:47   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

鳩山首相が、沖縄の普天間米軍基地の移転先について、自民党政権時代の日米合意(と報じられているが調印が行われた訳ではない)である辺野古への移転を前提としない、と明言したことについて、メディア上であれこれ騒ぎになっています(特に、産経・読売など右派メディア)が、
http://www.jiji.com/jc/zc?key=%c9%e1%c5%b7%b4%d6&k=200911/2009111400374
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/324568/
(隷従ではなく)外交とは、そもそもこういうものでしょう。

もちろん、日本政府は戦後60年間、アメリカ政府と安全保障に関して「外交」をした経験がありませんから、非常に厳しい展開になるでしょうが、民主党は沖縄の米軍基地について、従来から国外(最低での沖縄県外)への移転を公言し、日本の有権者の多くが民主党を支持したのですから、各論レベルでの日米関係見直しは当然です。

日本国内では、”自称”有識者達が、この鳩山発言を、国際政治として極めて非常識な発言であるかのように論じていますが、例えば英国のフィナンシャル・タイムズには、今回の鳩山発言への批判について
>過去の合意を神聖視する主張はあやしい
と指摘し、
>政権交代を果たした民主党の「徹底的な政策見直しは当然」
だと結論づけた記事が掲載されたそうです。
http://www.okinawatimes.co.jp/news/2009-11-13-K_002.html?PSID=4790e03a988da6530a214b59a87a5a88
http://sankei.jp.msn.com/world/america/091113/amr0911132136013-n1.htm
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/america/324292/

また、元外務官僚の佐藤優氏は、週間金曜日 11/13号(775号)誌上(36頁)で、自民党政権時代の、普天間基地を辺野古へ移転させるとの日米合意について、
>確かに国際関係において「合意は拘束する」という大前提が存在する。
>それとともに「事情変更の原則」もある
と解説し、辺野古への移転を、沖縄の意向を無視してでも強行すべきとする意見については
>とんでもない暴論だ
と、一蹴しています。

冷戦終結後も、沖縄に米軍が常駐し続けることの不自然さは、これまで再々指摘されてきました。アメリカ政府は表向き「テロとの戦い」と謳いながら、実際には、治安が安定していたアフガニスタンとイラクを、一般市民の誰がいつ死んでもおかしくないような、テロが頻発する社会になるまで破壊した事実、つまりアメリカ政府が、アメリカ政府自身の政策によって、アメリカ海兵隊の海外常駐が必要な状況(普天間基地も海兵隊基地)を維持しているという、厳然たる事実を、私達は直視しなければなりません。

更に最近は、沖縄米軍基地(少なくとも海兵隊基地である普天間基地)について、地勢学的には日本に置き続ける必要が既に無いばかりでなく、米軍は当初、沖縄からの海兵隊引き上げを予定していた。にもかかわらず沖縄に米軍が駐留し続けているのは、日米の安全保障のためではなく、日本の官僚が、これまで通りのやり方で政治的支配力を維持するため、(米軍駐留の経費負担という餌で)米軍を引き留め続けてきたせいではないかという分析も、出てきています。
http://tanakanews.com/091115okinawa.htm
(↑田中宇の国際ニュース解説 2009年11月15日 日本の官僚支配と沖縄米軍)

日本の政権が、沖縄からの米軍撤退を模索する限り、日米関係は厳しいやりとりが続くでしょう。私達の生活にも影響するような報復を、アメリカ政府が打ち出す可能性も充分ありますが、世界の平和を求めるなら、これは避けて通れない道だと思います。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
外交の始まり さとうひろし 一有権者のブログ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる