さとうひろし 一有権者のブログ 

アクセスカウンタ

zoom RSS 抽象音楽

<<   作成日時 : 2010/02/22 00:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨夜は、友人のヴォーカリストさがゆきによる
http://www.aruma.be/
完全即興ソロライブでした。
画像

 彼女はこれまでも、セッションの中でソロパフォーマンスを披露したり、共演(予定)者が事故で出演できなくなり、急遽ソロライブを行った事あるのですが、はじめからソロライブとしてスケジュールを組んだのは恐らく今回が初めて。満を持しての”初”ソロライブでしたが、私が冗談で「伝説のさがゆきソロ」と言ったら、それがそのままタイトルになってしまいました。
http://www.aruma.be/news.htm


 英語で"Abstract"と表現される彼女の完全即興。正に抽象画(Abstract)を音で表現したように、音階も、リズムも無い。グラフィックデザインのようなパタン(法則性・規則性)も無い完全なAbstract。
 けれど抽象画が、具象性を削ぎ落としたところにも形そのもの、色彩そのものの美があるという信念に支えられ、発展したように、彼女のパフォーマンスには、音階とリズムから成る通常の音楽にも通じる美学があり、彼女が自身のパフォーマンスについて「グルーヴ」など普通の音楽用語を使って語るのは、リスナーの立場で聴いていても、とても説得力があります。
 そこが恐らく、現代音楽(とりわけ、ジョン・ケージに代表されるような、わざわざ意図的に、音楽とは縁遠い所にある発音手段や規則を使って音を出す行為)との決定的な違いでしょう。


 昨夜の彼女のパフォーマンスは、音階も、リズムも、パタンも無い完全に自由な表現でも音楽美(「美」であるかどうかは異論があるにせよ、少なくとも音楽ならではの感動、楽しさ)が成立することを、問答無用と言わんばかりの明瞭さで実演した、ゆったりしながらも隙の無い、スケール感あふれるパフォーマンスでした。

 楽曲がプロフェッショナルにこなせないのをごまかすために(本人にその自覚はないにせよ)即興や現代音楽もどきのでたらめに走る人間は巷に掃いて捨てるほど居るし、「○×に師事」という過去や屁理屈を口実に、自分の表現力の稚拙さから目をそむけているパフォーマも少なからず居ますが、裸の王様を褒め称えるような予備知識のない聴衆の気持ちを、何十分も引き止めておけるパフォーマは、そうは居ないものです。
 彼女は紛れもなく、その数少ないパフォーマの一人。楽曲のライブで同業者からも一目置かれるほどの実力があるからこそのAbstract。彼女自身も常日頃言っていますが、楽曲を人並み以上に演奏できない(歌えない)者が即興に走っても、何も生まれはしないでしょう。

 「フリーインプロヴァイゼーション」と総称されるパフォーマンスが、音楽のライブの一形態として認知されている現在の状況が確立されるまでの歴史的過程で、現代音楽の果たした役割は、小さくないのかも知れませんが、彼女だけでなく、多くの演奏家(私が知っているだけでも箏の澤井一恵さんや、ギターの加藤崇之さんなど)が、音階からもリズムからもパタンからも全く自由な即興演奏を何度も実演し、音楽の定義を、何ら「論」を唱えることなしに、実績をもって書き換えてしまった現在、音楽の定義を知性で無理矢理作り変えるような現代音楽は、(一部の人達が自分達の権威付けに利用ている以外は)「現代」の音楽というより、既に歴史遺産の一つなのかも知れません。
 
 昨夜のセカンドステージ後半、彼女のワークショップ受講生を交えて行われたセッションも、インプロヴァイザーを名乗るプロのライブと充分比較できるほど濃い内容でした。さがゆき先生から見れば、まだまだ課題の多いセッションだったようですが、内外のプロによるインプロヴァイゼーションのライブでも、昨夜のセッションよりだらだらして(決まりきった音やパタンの繰り返し)緊張感も面白さもないライブはザラにあります(困ったことに)。

 音楽・芸術業界で、影響力を持つ人やメディアに取り上げられることも少なく、世間では存在が殆ど知られていない彼女の完全即興ですが、いつか、さがゆきに感化されたプレイヤー達の中から誰かがブレイクしたとき、さがゆきの創造性は、文字通り伝説となって、脚光を浴びるのではないかと思います。

この日のライブについての、さがゆき本人のコメントはこちら
http://www.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=28777&log=20100221

ライブ会場の模様はこちら
http://picasaweb.google.co.jp/skyoukai/YukiSagaSOLOPerformance?feat=directlink

会場となった横浜のライブハウス「エアジン」の店主、梅本さんによる当日のブログ
http://umemotomusica.jugem.jp/?eid=55
(後日動画もアップロードされるそうです)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
抽象音楽 さとうひろし 一有権者のブログ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる