さとうひろし 一有権者のブログ 

アクセスカウンタ

zoom RSS 本来の保守とは(新党日本について)

<<   作成日時 : 2010/07/28 21:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先の参議院選挙では、各政党が票集めのために、無責任なリップサービスをばら蒔いていましたが、一貫した理念を貫いている共産党は別格として、正直さという意味で比較的信用できるのが、「新党日本」ではないかと思います。

私は新党日本所属議員の言動全てに賛同する訳ではありませんが、同党のホームページに掲載されている下記の議論は、現実を直視し、なおかつ前向きなもので、自民党や民主党のマニュフェストより遥かに信用が置けます。

税制について
http://www.nippon-dream.com/?p=433

所得再配分と福祉の統合による財政支出合理化(ベーシックインカム導入)
http://nippon-dream.com/archives/4_kikai2010.htm#224
http://www.love-nippon.com/4_kikai2010.htm#225

非科学的な公共事業(ダム推進の非合理性)
http://www.nippon-dream.com/?p=403

国際政治の現状について
http://nippon-dream.com/archives/4_kikai2009.htm#192

このように、間違えなく前向きで、なおかつ(破壊的ではなく)着実な前進を目指すのが本来の保守(conservative)というものでしょう。保守とは自民党や民主党のような利権代表の集合体でもなく、日本会議のような、特定の歴史観でまとまった集団のことでもありません。


新党日本の田中康夫代表自らも自分こそ真の保守だと語っていますが、実際、今の自民党や民主党は、保守でも革新でもなく、破壊的な競争社会を志向する新自由主義派や、しばしば社会環境改善の障害になる既得権益の利益代表の集団か、さもなければ権力掌握が目的の日和見な人間達の集まりでしょう。

もし、日本に2大政党制を根付かせるなら、自民党vs民主党ではなく、新党日本vs共産党 にすべきでしょう。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
本来の保守とは(新党日本について) さとうひろし 一有権者のブログ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる