さとうひろし 一有権者のブログ 

アクセスカウンタ

zoom RSS 11/11追記:そもそも「機密」とは? この告発は合法か?

<<   作成日時 : 2010/11/08 18:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

尖閣諸島領海における、中国漁船の公務執行妨害の様子を撮影したビデオがインターネットに流出した件で、海上保安庁が容疑者不詳で刑事告発を行いましたが、
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/460694/
そもそもこのビデオは、公開が犯罪となるような国家機密、あるいは犯罪の捜査資料だったのでしょうか?

情報の流出が犯罪となるのは、その情報が、はじめから、組織内部のルールに従って機密扱いされている場合ですが、新聞報道によると、このビデオは容疑者(中国漁船船長)が保釈されるまでの間、特別な管理はされておらず、もともとは特別扱いされていなかったことが、分かっています。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/460531/
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20101107-OYT1T00039.htm?from=nwla
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20101106k0000e040049000c.html

このビデオがあたかも国家機密のように扱われたのは、事前に決められたルールに基づいた措置ではなく、管内閣の政治判断であって、機密ではない情報を公開した人間を、機密漏えいの罪で告発するのであれば、法治国家の基本を否定する対応です。

また、このビデオが本当に「捜査資料」ならば、捜査資料を、職場の共有パソコンに保存しておいた海上保安庁の内規に問題があるわけで、責任を問われるのは内規を定める立場の人間です。常識的に考えれば、当初は、非公開にすべき情報とみなされていなかったのでしょう。


犯罪は、事前に明文化されたルールに従って取り締まるべきものです。政治判断で取り締まるべきものではありません。更に11月8日付の朝日新聞(asahi.com)には、

>最高裁は過去に出した決定で、国家公務員法の守秘義務の対象について、各省庁が「部外秘」などと形式的に秘密扱いしただけではなく、実質的に秘密として保護するに値することを求めている。

との解説が掲載されています。
http://www.asahi.com/national/update/1108/TKY201011080155.html

しかし今回の告発では、問題のビデオが、どこに記載されたどんな条文に従って、「国家機密」あるいは「捜査資料」との扱いになっていたのか?告発を行った海上保安庁は現時点では一切説明していません。そもそも機密にすべき情報だったのかどうかについても賛否両論あり、未だコンセンサスが無いのは周知の通りです。

今回の告発は法的に適正なものなのか?疑問が残ります。

また、このビデオ流出が、実は政府側のやらせではないか?という指摘も出ていますし、
http://nobuyoyagi.blog16.fc2.com/blog-entry-537.html

一般論で言えば、公的な組織の情報は、私人のプライバシー保護など、特別な根拠に基づく規定の無い限りは公開されるべきです。今回のケースでもビデオを秘密にすることが外交上必要だったのか?甚だ疑問です。

公共の場所で起きた公務執行妨害の映像は、原則として、公開すべきでしょう。
さもなければ、公務執行妨害が、司法の職権濫用に悪用されます。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
はい!既にこのビデオ映像はsengoku38ら民主政権幹部が自分達の失策を隠蔽正当化するための詭弁です。そもそも海上保安庁は鼻からこれらビデオを一般公開するために撮っているそうで、また既に犯罪人の船長を釈放してしまった時点で公判が組めないので証拠物件ではなく1ヶ月以上海保で自由に閲覧出来ていたもので、コピーが10月17日以前に持ち出されてば少なくとも犯罪性はないと検察すじのコメンテーターが言っとりました。それをそもそも国家機密でないものをあたかもそれ風に粉飾する狡っからしさ。検察の証拠改ざんや公安機密資料のネット流出のほうが大問題でしょう。見られた海保職員は300人くらいになえるそうで、個人にたどり着けないとして捜査終了。それよりこの節操も基軸もないお粗末民主党政権の存続の方が恐ろしく寒気がする。ハトポッポの普天間から仙菅ヤマトの尖閣諸島といったいなんなんでしょう、政権としての呈をなしていない。査問捜査を受けるべきは”仙菅ヤマト”でしょう。失望を突き抜けて憎しみに近い。
臨時検察審査会
2010/11/08 20:17
臨時検察審査会さま
コメントありがとうございます。

このビデオはどう見ても、国家機密にはなり得ないし、公務執行妨害をした船長は不起訴が決定したのだからもはや捜査資料でもない。

今更のビデオ公開が外交に影響する可能性も考えにくいし、被害があるとすれば管内閣のメンツが潰れた事位でしょう。

なのになぜ刑事告発か?
私もおかしいと思います。

さとうひろし
2010/11/08 20:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
11/11追記:そもそも「機密」とは? この告発は合法か? さとうひろし 一有権者のブログ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる