さとうひろし 一有権者のブログ 

アクセスカウンタ

zoom RSS 基本的な問題を忘れないよう

<<   作成日時 : 2012/01/11 17:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

福島第一原子力発電所の事故以来、放射線が人体に与える影響については様々な説が飛び交っていますが、日本政府が拠とするICRPによる放射線防護基準の元になった、広島・長崎での原爆被害調査自体、その信頼性が疑われている(放射線の悪影響を過小評価している疑い)事を、忘れてはいけないと思います。

下記のブログは、原爆症認定訴訟についてのブログですが、現在の放射線防護基準の元となった、広島。長崎における原爆投下の被害についての疫学調査の、どこが問題であったかが、具体的に列挙されています。
http://genbaku.blog46.fc2.com/blog-entry-327.html

また下記は、放射線が、発ガン以外の健康被害を与えるリスクについて調査した結果のまとめですが、放射線による健康被害は、発ガン性だけではないようです。
http://www.rerf.or.jp/radefx/late/noncance.html

いずれにせよ、放射線の人体への影響にについては未だ、「このレベルまでは安全」という目安が、科学的には未解明であることを、忘れてはいけないと思います。

こうした状況の中で、放射線についての安全基準は、外部被曝、内部被曝共、人工的な放射線による被曝を、自然界に存在する放射線による被曝よりも、十分に(ケタ違いに)低い値に定めるのが、望ましいのではないかと思います。


以下、関連論文

小児期に被曝した原爆被爆者のがん死亡率(筆者和訳)
http://www.miyao.i.is.nagoya-u.ac.jp/wp/wp-content/uploads/2011/11/%E5%B0%8F%E5%85%90%E5%8E%9F%E7%88%86%E8%AB%96%E6%96%87_%E5%92%8C%E8%A8%B3.pdf
上記のパワーポイントプレゼンテーション
www.miyao.i.is.nagoya-u.ac.jp/wp/wp-content/uploads/2011/11/%E5%B0%8F%E5%85%90%E5%8E%9F%E7%88%86%E8%AB%96%E6%96%87.ppt

広島の初期放射線低線量被爆者は高い発がんリスクを示した(著者和訳)
http://www.miyao.i.is.nagoya-u.ac.jp/wp/wp-content/uploads/2010/06/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%E8%A8%B3%E5%BA%83%E5%B3%B6%E4%BD%8E%E7%B7%9A%E9%87%8F%E8%A2%AB%E7%88%86%E8%80%85%E3%81%AE%E3%81%8C%E3%82%93%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%82%AF.pdf
上記のパワーポイントプレゼンテーション
http://www.miyao.i.is.nagoya-u.ac.jp/wp/wp-content/uploads/2011/11/Hiroshima-Survivors-High-Risk1.ppt


「Eric J. Grantらによるコメント「広島の遠距離被爆者の高いがん罹患率に対する疑わしい放射線の関与」に対する回答」の日本語訳(著者訳)
http://www.miyao.i.is.nagoya-u.ac.jp/wp/wp-content/uploads/2010/06/Answer_to_Grant-Comment_Jpn.pdf


*以上の論文は、名古屋大学大学院 情報科学研究科 宮尾克研究室のホームページで紹介されているものを引用しました。
http://www.miyao.i.is.nagoya-u.ac.jp/wp/?p=50

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
基本的な問題を忘れないよう さとうひろし 一有権者のブログ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる