さとうひろし 一有権者のブログ 

アクセスカウンタ

zoom RSS 資料紹介:日本のフェイク・ニュース

<<   作成日時 : 2018/04/09 01:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 近年、インターネット上で、ニュースの体裁で拡散される虚偽情報、いわゆる「フェイク・ニュース」が、大きな問題になっていますが、日本の場合、閣僚や、与党議員自らが、公式の発言や公式メディアを通じて、虚偽情報を、絶え間なく流し続けるという、他の先進国には見られない異常さがあります。
http://buzzap.jp/news/20180331-fake-news-japan/

 それは今にはじまったことではなく、第二次世界大戦中に、撤退を「転進」と偽り、全滅を「玉砕」と偽り、自爆攻撃を「特攻」と言い換えた大本営発表から続く、日本の権力機構の、常軌を逸した慣例ですが、日本の権力機構でひんぱんに見られるに虚偽情報の発信や公文書の改ざんは、国を、近代国家として統治するのを、不可能にする行為です。
http://xn--nyqy26a13k.jp/archives/39447
https://news.yahoo.co.jp/byline/shivarei/20180405-00083596/
https://thepage.jp/detail/20180408-00000002-wordleaf?pattern=3&utm_expid=90592221-90.LNdTmeJYRGyCrKRhiosRkg.3

もともと日本政府には、公文書を管理しようとする姿勢に乏しく、国立公文書館の職員数は、2014年の内閣府の調べによると、米国が2720人、ドイツが790人、英国が600人、フランスが570人、(独立から1世紀を経ていない)韓国が340人なのに対し、日本はわずか 47人なのだそうですが、
https://twitter.com/CybershotTad/status/982978263277449217

 とりわけ安倍政権以降は、国会審議での議事録の改ざん(与党議員の暴言、不適切発言の削除や議決ねつ造)が頻発し、報道でもしばしば取り上げられるようになった他、インターネット上で、同政権を支持する勢力による、組織的な虚偽情報拡散による世論誘導が常に行われるようになりました。
https://the01.jp/p0006605/

その中でもとりわけ、沖縄県(民)に対する、虚偽情報拡散による、組織的な差別の扇動は執拗です。
https://twitter.com/trueokinawa2017
https://www.facebook.com/uchinaaruaru/

その上、警察による拘留も、先進国の中では異質な、非人道的なものになっています。
https://toyokeizai.net/articles/-/215509


日本は本当に、先進国と言えるのでしょうか? 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
資料紹介:日本のフェイク・ニュース さとうひろし 一有権者のブログ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる