さとうひろし 一有権者のブログ 

アクセスカウンタ

zoom RSS 締切間近:第5次エネルギー基本計画に向けた御意見の募集

<<   作成日時 : 2018/06/11 23:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先月、資源エネルギー庁が、「第5次エネルギー基本計画策定に向けた御意見の募集について」という、パブリックコメント募集を始めたようです。
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=620218009&Mode=0

募集期間は6/17 までの、たったの30日。マスメディアを通じて募集の告知をすることもなく、国民の意見を聞いたという、表向きの体裁づくり目当てとしか考えられませんが、それでも、例えば「原発は全て即時廃炉せよ!」とだけ意見を送っても、数が多ければ、権力への圧力になるでしょう。

私は下記の意見を提出しました。

今後の日本のエネルギー供給は、再生可能エネルギーを中核とし、今後半世紀以内に、全てのエネルギー供給が、再生可能エネルギーで賄えるよう、必要な政策を実施する。

化石燃料に関しては、石炭および石油を熱源とする発電設備の新設は一切認めず、20年以内にこれらを熱源とする発電施設を全廃する。

核反応を熱源とするエネルギー供給設備に関しては、特に発電について、現在ではコストが再生可能エネルギーを上回ってしまった上に、核廃棄物の安全な最終処理技術が未確立であり、更に過酷事故発生時は自然環境に半永久的な悪影響を与える上、国民生活、国家経済にも修復困難な打撃を長期間与え続けるので、今後は用途が学術研究に限定される設備を除き、新設は一切認めず、既存の商用設備は全て即座に稼働を停止させ、廃炉とする。

エネルギーの流通については、平坦な土地が少ない上に人口密度が高く、大規模なエネルギー供給施設を小さな環境負荷で運用し続けるには不利な日本の国土を考え、小規模エネルギー供給設備普及と、コンピュータ技術を駆使したエネルギー供給の効率化、いわゆる、スマートグリッド普及による、エネルギー地産地消を推進させる。

一方電力網については、送電事業と発電事業とを完全に分離させることで、、日本全体というマクロレベルでの電力受給調整が円滑に進むよう、送電インフラの再構築(直流高圧送電による、遠隔地への低損失電力販売など)を促進させる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
締切間近:第5次エネルギー基本計画に向けた御意見の募集 さとうひろし 一有権者のブログ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる