2016/04/02追記:資料紹介(原子力関連)

電力会社から、原発再稼動の申請が相次いでいますが、厳しくなったはずの安全基準には、かなり問題があるよるです。日本では2005年以降4回、5つの原発で基準地震動を超える揺れがあったにもかかららず、新基準は実質的に何ら改善されていない、などの問題点が指摘されています。

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE96704N20130708?rpc=131&pageNumber=1&virtualBrandChannel=0

また、以前から度々指摘されていたことですが、福島第一原子力発電所メルトダウンの原因は、津波による非常用電源喪失ではなく、津波到来前の、地震による損傷が原因の可能性が高いようです。
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/98481


(10/29追記)
日本の官僚からも、日本製の原子炉は安全性が不十分であり、最近は(欧州の技術を導入した)中国の原子炉の方が安全性が高いという指摘が出ています。
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/37184


(11/22追記)
日本政府はこれまで、福島第一原子力発電所事故直後の、(対策を協議した)議事録は作成していないと発表していましたが、アメリカ連邦情報公開法に基づく開示決定で、議事録の存在が確認されています。
http://echo-news.net/japan/usnrc-disclosed-fukushima-criss-proceedings

2016/04/02 追記
問題は、原子炉の安全性に留まりません。仮に原子炉の安全性が確保されても、原子炉一基あたり、数百人の人が被曝しながらの作業を強いられ、世界各地のウラン採掘地では、多くの採掘作業員が、放射性粉塵の吸引によると見られる肺がんを発症し、採掘による河川の汚染が進んでいます。使用済み核燃料再処理施設周辺での、小児がん多発も社会問題化しています。
http://blog.goo.ne.jp/tanutanu9887/e/5af795b9089b288fe094fae2ea6a4345

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック