2019年9月30日追記:大村知事は弾圧側に寝返った(巧妙な責任転嫁に要注意)

展示妨害の脅迫が相次いだ、あいちトリエンナーレに対して、文化庁(というより萩生田文部科学大臣)は、既に決定済みの助成を取りやめたと、報道されていますが、その口実「事前の申請内容が不十分」を用意したのは、他ならぬ愛知県である点に、注意する必要があります。 助成取りやめが報道される前日の9月25日、愛知県は、脅迫の原因となった少女像の…
コメント:0

続きを読むread more

9/17加筆:”世論調査”という名の、でっちあげと同調圧力

新聞社やテレビ局は、国政について何か大きなニュースがあると、しばしば、電話を使った、”世論調査”を行いますが、この調査法は原理的に、統計学的信頼性が期待できません。  マスメディァが行う世論調査を殆ど全ては、RDD方式という、無作為に抽出した電話番号(最近は携帯電話の電話番号も含んでいる)に電話をかけて調査する方法が採られています…
コメント:0

続きを読むread more

2019年9月3日更新:科学の名を借り冤罪作り?(宮城県警と東北大関係者)

宮城県警が物証も動機もないまま検挙し、警察の客観性に乏しい鑑定で有罪が確定してしまった冤罪、いわゆる仙台筋弛緩剤中毒事件ですが、 http://miyaginouka.cocolog-nifty.com/blog/ 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科の池田正行教授が、この冤罪が生まれた経緯を医学的見地から詳しく解説しています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more