随時資料追記中:改憲が必要という、自民党の嘘(新型コロナウイルス肺炎対策を巡る、政権の不可解な怠惰)

今年一月、新型コロナウイルス肺炎(COVID-19)の感染爆発により、中国の武漢が封鎖されて以来、野党各党は、PCR検査の大幅拡大をはじめ、新型インフルエンザ等特別措置法の適用による外出自粛要請と休業補償等の金銭支援、新たな医療施設、機材、資材の確保などを政府に求めてきましたが、与党自民党はこれらをことごとく拒否し、対策を遅らせ、マスメディアの批判記事に晒されても、諸外国からの立ち遅れは、一向に改善されていません。
https://webronza.asahi.com/business/articles/2020042000004.html
https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-52482946
https://toyokeizai.net/articles/-/347451
https://johosokuhou.com/2020/04/30/30254/
https://news.yahoo.co.jp/byline/takahashikosuke/20200430-00176176/
https://www.newsweekjapan.jp/marukawa/2020/05/post-62.php
https://digital.asahi.com/articles/ASN5461B5N54ULBJ00Q.html
https://digital.asahi.com/articles/ASN555QVWN54UTIL02Q.html
https://toyokeizai.net/articles/-/349413
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO59132920U0A510C2EA2000/
https://www.asahi.com/articles/ASN7M5RQCN7JUTIL03J.htmlhttps://www.asahi.com/articles/ASN7M5RQCN7JUTIL03J.html

5月1日には厚労省の専門家会議が、世界的に極めて稀なほど少ないPCR検査のデータから、強引に感染者数の増減を推計して公表したものの、その数値は4/7の緊急事態宣言発出時に既に感染者数がピークアウトしていた事を示すという、専門家会議の見解や外出自粛を要請する政府の政策を自ら否定するもので、日本での検査体制のずさんさが、改めて露呈する結果になりました。
https://webronza.asahi.com/politics/articles/2020050400001.html

(2月には、政府は国内での検査拡大を拒否する一方で、海外に検査キットを提供していました。自民党や、厚生労働省の対応を支持する医療研究者・従事者達は、PCR検査での誤判定率(陽性者を陰性と判定してしまう確率)などを理由に、検査拡大の必要性を否定していますが、
これはもっぱら、検査が本人の治療の役に立つかという視点の議論で、現在問題となっている、PCR検査が防疫に貢献するか、という議論を避けるための詭弁です。新型コロナウイルスの場合、PCR検査は、一人でも多く、感染者を隔離して、感染の蔓延を抑制するために行われていることを、忘れてはいけません。検査数を増やすと、病院が陽性者でパンクするという詭弁も、実は、新型コロナウイルスを、指定感染症ではなく、新型インフルエンザ等特別措置法の対象として、軽症者をホテル等(同法で規定されている臨時の医療施設)に隔離すれば解決する問題でした(2月半ばに野党が指摘済み)。
それどころか現実には病院がパンクする前に、4月以降、疑わしい症状が出てもなかなかPCR検査が受けられず、検査の結果が出る前や検査を受けられずに命を落とす人が、清水建設社員のケースが報道されて以降東京を中心に相次ぐという、取返しのつかない事態になってしまいました。
厚生労働省の政策の誤りは、感染症の専門家でなくても、計画立案・管理の素養があれば分かるほどひどいものでした。新型コロナウイルス感染症対策専門家会議クラスター対策班の押谷仁に至っては、今年2月25日のNHKニュースでは、「クラスターを見つけ連鎖を防ぐ態勢はできつつある。日本の状況は極々早期の段階、軽症の人は99.99%は感染していない。」と、PCR検査の抑制を正当化する解説しておきながら、4月4日放映のNHKスペシャルでは、2月25日の時点で、PCR検査を徹底的に行っても感染連鎖をすべて見つけることは出来ない状況だったと、2月の説明とは相矛盾する後付けの言い訳で、責任逃れを図っていたことが、ネットで批判されています。)

そのうえ自民党は、今年1月末から、野党からの要求を拒否する一方で、新型コロナウイルス肺炎を利用して改憲運動を進めよと、党内にハッパをかけ
https://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/202001/CK2020013102000138.html
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO55152430R00C20A2000000/
緊急事態宣言が出され、政府が民間に対して休業要請、外出要請を出す中でさえ、自民党は党内の憲法改正推進本部の会合を強行し野党に改憲論議への参加を呼び掛けるなど、改憲の推進に固執しています。
https://this.kiji.is/621168423787545697?c=39550187727945729
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO57922670Q0A410C2EA3000

こうした経緯を見ると自民党は、感染症対策を遅らせることで、あたかも憲法を変えなければ感染症対策が出来ないという誤った認識を、国民に植え付け、改憲強行を図っているように見えます。実際、自民党の公式発表ではないものの、自民党議員や、支持者達からは、憲法を変えなければ、強制的な外出規制も、強権を用いた医療支援もできないと言う話が、しばしば聞こえてきます。

けれど、現行憲法の条文を見ると、そのような制約はどこにもありません。

現行憲法では、
・国民は、その自由と権利を、常に公共の福祉のために利用する責任を負っています(第12条)。
・生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利は、公共の福祉に反しない限りにおいて、最大限尊重されます(第13条)。
・居住、移転及び職業選択の自由にも、公共の福祉に反しない限りという制約が付いています。(第22条)。
・更に私有財産も、正当な補償の下に、これを公共のために使うことができます。(第29条)

つまり現行憲法下であっても、感染症蔓延防止という、公共の福祉のためであれば、様々な私権制限が可能です。
人々に強制的な外出制限を科すロックダウンでさえ、健康で文化的な最低限の生活を保障して、子供が教育を受ける権利を保障して、財産権を補償した上でロックダウンさせる法律を作るなら、現行憲法下でも、違憲にはなりません。

言い方を変えれば自民党は、国民が被る損失を補償せずに、強制措置を取りたいから、改憲に固執していると思われます。

海外では、中国、韓国などのアジア諸国も含めた先進諸国で、外出制限に伴う国民の損失を、国が補償する体制が次々整えられ、実施される中
https://www.shopify.jp/blog/small-business-government-relief-programs
https://news.yahoo.co.jp/byline/mutsujishoji/20200406-00171637/
https://note.com/nyankoro_mochi/n/n418fc3ea0461
https://toyokeizai.net/articles/-/348167

自民党が、野党のみならず自治体首長からも要求されている、営業自粛、外出自粛に伴う損失の補償を、ことごとく拒否している現状からも、自民党が国民や事業者への損失補償をしたくないがために、ずるずると、感染症対策を遅らせている様子がうかがえます。

なお弁護士の宇都宮けんじさんは、たとえ要請であっても、外出自粛や休業を政府が要求する以上は、憲法第29条に定められた、国民が被る損失に対する正当な補償を、政府がしなければならないと、主張しています。
https://twitter.com/utsunomiyakenji/status/1248843975785504768

自民党政権の怠惰は、検査拡大の遅れや所得補償の拒否だけではありません。
医療現場では、新型コロナウイルス患者増大に伴う診察業務の制約や、院内感染拡大に伴う診療停止、医療従事者不足が深刻化する一方ですが、
https://www.news24.jp/articles/2020/04/03/07619919.html
https://www.jcp.or.jp/akahata/aik20/2020-04-05/2020040501_01_1.html
https://jp.reuters.com/article/japan-coronavirus-hospitals-idJPKBN21O0EY
https://www.newsweekjapan.jp/headlines/world/2020/04/270602.php
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO58077770V10C20A4MM8000/
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/600947/
https://note.com/yo_tsu_ya_3/n/na4fb2c05ff55
https://this.kiji.is/625097079493821537
https://this.kiji.is/627055357531096161
https://www.asahi.com/articles/DA3S14456875.html

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200416/k10012389611000.html
https://times.abema.tv/posts/7050422
https://www.j-cast.com/2020/04/16384389.html
https://news.biglobe.ne.jp/it/0416/nlb_200416_2245680345.html


自民党は医療現場への支援策が具体化しない中突然、各世帯に、たった2枚の(劣悪な品質の)布マスクを配布するために、466億円もの国費を使うと発表し、各界から大きな批判を浴びています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200409/k10012377121000.html
https://twitter.com/emil418/status/1250723077467471872

466億円があれば、新型コロナウイルス患者の増加につれ、不足が懸念されている人工呼吸器の調達に加え、医療体制の拡充や治療に必要な人材の雇用増加等に充てることができる他
https://twitter.com/renho_sha/status/1247805035766935553

医療用の使い捨てサージカルマスクの購入に宛てれば、日本国内の医療従事者3か月分の量が確保できるという指摘も出ています。
https://www.buzzfeed.com/jp/naokoiwanaga/2-masks-kusaba

1月半ばに中国の武漢が封鎖されて以来、中国との人の往来が活発な日本も、感染爆発に伴う医療崩壊が懸念される中、政府が医療職用装備の増産をメーカーに打診し始めたのは、4月に入ってからでした。
https://twitter.com/meti_nippon/status/1247368433823387648
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO58089260V10C20A4MM8000/


今年の2月以降、医療現場でのマスクや防護服の枯渇や不足がたびたび報じられていた中、
https://medical.nikkeibp.co.jp/inc/mem/pub/report/t344/202002/564405.html
https://www.m3.com/open/iryoIshin/article/746127/
https://www.chunichi.co.jp/article/nagano/20200401/CK2020040102000020.html
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200413/k10012385191000.html
https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/202004/CK2020041502000145.html
https://times.abema.tv/posts/7050294
https://note.com/yo_tsu_ya_3/n/na4fb2c05ff55
https://twitter.com/buu34/status/1250782420686659584


日本政府は生産余力のある海外メーカーにさえ、供給を打診していなかった疑いも持たれています。
https://twitter.com/koheikana/status/1249963500304125953



私達が今最優先でなすべきことは、外出自粛要請の拡散でしょうか? 自民党政権の言うなりになっていれば、日々食べる物を買うお金がなくなる人が続出し、医療崩壊が全国に広まるのも時間の問題になってしまいます。

P.S.
政府はあたかも、自粛に伴う損失補償を始めているかのような情報も、流していますが、政府が実施済みだと宣伝した、雇用調整助成金の対象拡大は、千を超える申請の中で、4月上旬時点でたった一件、4月末時点でも申請の0.1%しか支給されていなかったことが、既に明らかになっています。
https://twitter.com/maiko_tajima/status/1248409176885231620
https://news.yahoo.co.jp/byline/mizushimahiroaki/20200429-00175816/

また、新型コロナウイルス肺炎で深刻化している、医療従事者不足、病床不足の背景には、自民党政権による、長年の、医療予算削減があります。
https://jp.reuters.com/article/japan-coronavirus-hospital-idJPKCN21Y0FZ
https://www.msn.com/ja-jp/news/coronavirus/%E3%81%84%E3%81%BE%E7%97%85%E9%99%A2%E3%81%8C%E5%8D%B1%E3%81%AA%E3%81%84%EF%BC%81-%E6%84%9F%E6%9F%93%E7%97%87%E7%97%85%E5%BA%8A%E3%81%AF20%E5%B9%B4%E5%89%8D%E3%81%AE%E7%B4%84%E5%8D%8A%E5%88%86%E3%81%AB%E3%80%81%E5%8E%9A%E5%8A%B4%E7%9C%81%E3%81%AF%E5%95%8F%E9%A1%8C%E3%82%92%E4%BA%8B%E5%AE%9F%E4%B8%8A%E6%94%BE%E7%BD%AE/ar-BB126fRC
https://hc.nikkan-gendai.com/articles/272059
一方、新型コロナウイルス蔓延を抑制するためロックダウンに踏み切ったドイツは、日本とは正反対に、感染症蔓延に備えた医療体制の充実に取り組み続けた結果、医療崩壊を免れ、新型コロナウイルス肺炎でも、他国より低い致死率を達成しました。
https://business.nikkei.com/atcl/seminar/19/00023/042000163/
https://webronza.asahi.com/politics/articles/2020042000010.html
https://www.afpbb.com/articles/-/3281152

なお、日本国内では、欧米の事例から、感染爆発防止には強制的な外出制限、いわゆるロックダウンが不可欠という論調が殆どですが、台湾と韓国では、徹底した感染検査と感染者隔離、そして厳しい入国規制によって、ロックダウンを免れている点に、注目すべきでしょう。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020041500944
http://akimotokazuya.com/%E5%8F%B0%E6%B9%BE%E3%81%AE%E6%96%B0%E5%9E%8B%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%8A%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%AB%E3%82%B9%E6%84%9F%E6%9F%93%E8%80%85%E6%95%B0%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%AB0%E4%BA%BA%EF%BC%81%EF%BC%81/
https://friday.kodansha.co.jp/article/108687

https://toyokeizai.net/articles/-/340150
https://www.dailyshincho.jp/article/2020/04160600/
https://news.yahoo.co.jp/byline/pyonjiniru/20200415-00173446
https://twitter.com/eunjoo__jp/status/1250581937179123712
https://news.biglobe.ne.jp/international/0506/tbs_200506_3826053692.html


韓国のPCR検査方式は実質的に世界標準となり、台湾の新型コロナウイルス対策では、いわゆるIT技術を駆使した情報共有、情報公開に特筆すべき先進性が見られます。
新型コロナウイルス肺炎対策にまつわるIT技術の活用について、同国デジタル担当政務委員のオードリー・タン氏が、
>台湾では、政府よりもシビックセクター、ソーシャルセクターの方により権威があり、むしろ政府よりも支持されているほどです。
>内閣は、ソーシャルセクターやその一部であるシビックテックコミュニティと敵対するよりも、むしろ積極的に協働することが文化となっているのです。
と語り、権力を権威化させない民度の高さを示唆している点にも、注目すべきでしょう。
https://note.com/blkswn_tokyo/n/ne3513163c79b



以下、その他参考資料:
PCR検査に関する問題
https://jeaweb.jp/covid/qa/index.html
https://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/1c8c791a40369bc7393ccb62a2c0a3e3
https://dot.asahi.com/aera/2020041700078.html
https://access-journal.jp/49042
https://www.businessinsider.jp/post-216231
https://mainichi.jp/articles/20200724/k00/00m/030/146000c
https://mainichi.jp/articles/20200729/ddm/001/040/129000c
https://mainichi.jp/articles/20200729/k00/00m/040/071000c

http://iina-kobe.com/entry151/amp/
http://iina-kobe.com/entry156/
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/report/t344/202004/565349.html
https://www.asahi.com/articles/ASN4V7WZCN4QUDCB00B.html
https://twitter.com/ben501002/status/1255659026433470464
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO57773940X00C20A4XB0000/
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/60385
https://www.worldometers.info/coronavirus/
http://cyuoh-ah.jp/blog/2060/
http://cyuoh-ah.jp/blog/2067/
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/272862
https://mainichi.jp/sunday/articles/20200518/org/00m/010/003000d
https://rplroseus.hatenablog.com/entry/2020/05/22/222008
https://rplroseus.hatenablog.com/entry/2020/05/24/203515
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO60128210Y0A600C2MM8000/
https://blog.goo.ne.jp/yasuharutokuda/e/9326aa6711f32ecbe22d2dc78a86a8f7
https://hbol.jp/220596
https://hbol.jp/223783
https://hbol.jp/224061
https://hbol.jp/224148
https://hbol.jp/224296/
https://hbol.jp/224407
https://www.worldometers.info/coronavirus/#countries
https://bunshun.jp/articles/-/39414

経済・医療・教育支援関係
https://www.mag2.com/p/money/907698
https://diamond.jp/articles/-/236129
https://withnews.jp/article/f0200501001qq000000000000000W04v10301qq000021015A
https://digital.asahi.com/articles/ASN4Z3HBDN4XPTIL03K.html
https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_5ea917acc5b6fb98a2b4dccd
https://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2020050402000126.html
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/05/post-93331_3.php
https://news.yahoo.co.jp/byline/endohomare/20200505-00177052/

給付金事業受託を巡る、電通、パソナ、経産省などによる不正
https://note.com/tokyodistillery/n/nb49eab457717
https://bunshun.jp/articles/-/38064
https://www.tokyo-np.co.jp/article/31661
https://www.tokyo-np.co.jp/article/32435
https://www.tokyo-np.co.jp/article/32679
https://www.tokyo-np.co.jp/article/32684
https://www.tokyo-np.co.jp/amp/article/32951
https://www.tokyo-np.co.jp/article/33216
https://digital.asahi.com/articles/ASN616744N61ULFA022.html
https://digital.asahi.com/articles/ASN5Z3PXWN5YULFA031.html
https://digital.asahi.com/articles/ASN636523N63ULFA01W.html
https://www.tokyo-np.co.jp/article/34782
https://www.tokyo-np.co.jp/article/34780
https://mainichi.jp/articles/20200610/k00/00m/040/256000c
https://www.tokyo-np.co.jp/article/35000

地方自治体独自の模範的取り組み
鳥取県
https://bunshun.jp/articles/-/37406
沖縄県
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1112306.html
愛知県
https://digital.asahi.com/articles/ASN517S50N51OIPE01N.html
https://www.pref.aichi.jp/site/covid19-aichi/020501001.html
和歌山県
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200329-00010000-mbsnews-sctch
https://www.mbs.jp/mint/news/2020/03/27/076177.shtml
https://www.agara.co.jp/article/56637
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO58726560R00C20A5LKA000/


その他 憲法、社会情勢
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AC%E5%85%B1%E3%81%AE%E7%A6%8F%E7%A5%89
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/272597
https://dot.asahi.com/aera/2020043000017.html
https://webronza.asahi.com/politics/articles/2020042200013.html
https://toyokeizai.net/articles/-/347070
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/72245
https://www.asahi.com/articles/ASN4N4GBNN48UPQJ00J.html



COVID-19に関する知見
https://www.shiminkagaku.org/wp/wp-content/uploads/Report-of-the-WHO-on-COVID-19_Japanese-translation.pdf
https://toyokeizai.net/articles/-/346423
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/20/033000204/
https://www.zaikei.co.jp/article/20200411/561628.html
https://news.livedoor.com/article/detail/18106844/
https://www.huffingtonpost.jp/entry/coronavirus-types_jp_5e8fdc02c5b6458ae2a65c8e
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/04/post-93148_1.php
https://www.cnn.co.jp/fringe/35152970.html
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/04/sars-5_1.php
https://www.cnn.co.jp/world/35153330.html
https://edition.cnn.com/2020/05/05/health/genetics-coronavirus-spread-study/index.html
https://www.cnn.co.jp/fringe/35153348.html
https://www.facebook.com/junya.fukushima.3/posts/3734434503294208
https://www.afpbb.com/articles/-/3283315
https://news.yahoo.co.jp/byline/kimuramasato/20200516-00178807/
https://news.yahoo.co.jp/byline/kimuramasato/20200517-00178891/
https://news.yahoo.co.jp/byline/endohomare/20200516-00178852/
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/report/t344/202005/565493.html
https://hbol.jp/220596
https://www.worldometers.info/coronavirus/

COVID19とサイトカインストーム
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO55908430R20C20A2000000/
https://www.katoiin.info/blog/2020/03/post-85-727079.html
https://www.fnn.jp/articles/-/39292
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/20/051100281/
https://www.ishiyaku.co.jp/pickup/20200427_info_01.aspx
https://www.hokendohjin.co.jp/news/20200521_covid_news/
https://ns-cancer.com/corona.html
https://wired.jp/2020/05/24/covid-19-and-t-cells/
https://www.covid19-jma-medical-expert-meeting.jp/topic/1968
https://hc.nikkan-gendai.com/articles/274479
https://mainichi.jp/articles/20200707/k00/00m/040/106000c
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/276705


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック