深刻なのは技術より人の後進国化

COVID-19 蔓延によって、世界各国の学校で遠隔授業の導入が進む中、日本国内での遠隔授業の立ち遅れが際立ち、日本のIT技術の立ち遅れが問題になっていますが
https://news.yahoo.co.jp/byline/endohomare/20200505-00177052/
https://globe.asahi.com/article/13324586
日本の技術の立ち遅れというのは、結果として現れる表面的な現象であって、原因は日常的なコミュニケーションやマネジメントのやり方ではないでしょうか?

授業に限らずビジネスでも、ペーパーレス化、遠隔化が進まないのは、きちんと言葉にする、理性的に話し合う、記録に残すといった、共同作業の基本にずさんな部分があるせいではないでしょうか?
それらの基本がずさんだと、作業の段取りを書き表せず、関係者の間で共有して検討する事ができないから、電子化もできない。ましてやネットを介した作業など出来ない。
日本の後進国化というのは、人間関係の部分での立ち遅れが一番深刻で、それが、今世紀に入ってから、とりわけ2010年代以降の、技術革新の足を引っ張り続けているではないでしょうか?

学校教育については、一学級の異常な人数の多さ(教員への異常な負担集中)や、学習指導要領の縛りなど、制度上の弊害が、立ち遅れの主な原因かも知れませんが、生徒たちに自発的に考えさせ、調べさせ、説明させ、検証させ、問題を発見させ、正解を決めずに、考えさせるという、リテラシー教育の立ち遅れも、深刻なのではないかと思います。

日本では、教育へのIT導入というと、ことメディアに掲載されるインタビュー記事や解説記事では、学習指導要領で正解が定められた、既存の知識体系や思考法を、いかに効果的に生徒に習得させるかという、画一的な能力取得の手段として論じられるケースが多く、インターネットを通じた検索、調査、双方向コミュニケーションを生かしたリテラシー育成や、マルチメディア技術を生かした創作や説明(プレゼンテーション)能力の育成が語られるのは、音楽、図工、美術といった、芸術関係を中心としたごく少数の分野に限定されていました。

ディベートの教育も、本来は自分の意思に関係なく立ち位置を与えられることで、相手の立場で物事を考える習慣を育む教育であるにもかかわらず、日本では”識者”と呼ばれる人達の多くがディベートを、個人の意見を闘わせる訓練であるかのように説明するほど、思考力を養う教育への、理解が乏しいのが、日本社会の実情です。

日本の教育界のIT化の立ち遅れは、生徒達に、自発的な思考や、正解の無い問題に取り組む姿勢、他者とのコミュニケーションを通じた思考の深化、といった、能力や動機を育む姿勢の立ち遅れが、問題の根底にあるような気がします。実際、COVID-19 の蔓延を機に日本の立ち遅れたが指摘されたのはもっぱら、教育現場でのコンピュータ利用の中でも、インターネットを介した、生徒と教師の間での、双方向のコミュニケーションを通じた遠隔授業でした。

京都精華大学学長のウスビ・サコ氏(マリ共和国出身)は、日本はOECD加盟国の中でもオンライン授業の普及が遅れ、教師と生徒の親とが、生徒の学習状況を(オンラインで)共有できていない問題を指摘した上で、その原因は、親が子供と向き合う時間を作れない社会の構造にあると、下記のように述べています。

>以下、"AERA.dot"の記事より引用
小中学校や高校について、OECD加盟国の多くは以前からオンラインと対面式授業を併用しています。しかし、日本は対面式を重要視し、オンラインと併用させてこなかった。たとえば、国や自治体が各家庭に最低コンピューター1台やポケットWi-Fiを提供し、生活と子どもの教育に使ってもらう、というような手伝いもしなかった。こうしたところは改善されなければならないでしょう。

 日本では、先生に呼ばれて初めて、うちの子の成績が良い(悪い)ことがわかります。学校と親がオンラインでつながり、双方で学習状況をしっかり共有していないからです。コミュニケーションの手段が変われば、親も子どもの変化を追いかけられます。学校は、「親に迷惑をかけてはいけない」「親は忙しい」と考え、親の負担を軽減しようとする意識をもっているので、コミュニケーションが取れません。そもそも「親が子どものことを考える暇もないほど忙しい」という現状には、疑問があります。

 また「子どもが2週間家にいただけで親が大変」という声をよく聞きますが、親がわが子とじっくり1~2週間、一緒に過ごせない状況がつくられていることに、非常に驚きました。日本は、子どものことで親が仕事を休んでも、国や自治体または会社が全面的に補償する制度になっていません。休んだ分、損をするとなれば、子どもを育てるお金がなくなるのだから仕事をしなくてはいけない。そういう社会だから、わが子との向き合い方がわからない親が増えていると思います。この機会に社会のあり方を変えていくべきです。
>引用終わり

日本社会が、学校教育分野をはじめとする、IT(とりわけネットワーク応用)技術の立ち遅れを克服するにはやはり、まず社会のあり方から、変えなければならないようです。



補足:教育ディベート
http://www.flc.kyushu-u.ac.jp/~inouen/intro-debate-inoue2.pdf

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント