テーマ:歴史

2019/08/28 追記:資料紹介:性奴隷(従軍慰安婦)問題

安倍政権が河野談話を見直すかのような姿勢をマスコミ発表したことで、再び注目され、米国をはじめ多数の国々から批判を浴びた従軍慰安婦問題ですが、本人の意思に反して慰安婦にさせられた被害者が居たかどうかと、それが、正式な命令系統を通じて行われた行為かどうかという問題は、分けて考えなければなりません。 後者は当時の日本政府内部の責任問題で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世俗人を祀るは宗教に非ず(LOVEさんの素直な疑問)

8/14の昼に放送された、TOKYO FM の番組”LOVE CONNECTION”でのこと。パーソナリティーのLOVEさんが、毎日新聞論説委員の平田崇浩氏語る”NEWS CONNECTION”のコーナーで、靖国神社問題について、人間を神にして祀る宗教を、海外の人に理解してもらうのは困難で、靖国問題(A級戦犯合祀の是非について)は、これ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

短文投稿:中立を装いデマを流すNPO

徐東輝という弁護士が代表を務める、Mielka というNPO法人が、2017年に行われた衆議院選挙で、虚偽情報を広めていたことが判明し、批判されています。 https://twitter.com/mattobaa/status/1122167214541426690 うっわーひっでーなコレ。@Mielka_labこんな悪どいフェイク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年4月17日追記:短文投稿:安全保障は無関係

もし、海兵隊の新基地が、安全保障のために必要ならば、運用開始がいつになるか目処も立たない辺野古基地の計画など、とっくの昔に変更になっているでしょう。ましてやそれが米軍のための基地ならば、米国政府が完成の目処も立たない米軍基地工事を静観するなど、あり得ないでしょう。 けれど辺野古基地工事が、安全保障には無関係で、自民党の土木利権のた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦前とどうちがう?(公教育にまで差別を持ち込む自民党)

アジア各国から連れて来られ、パスポートも取り上げられ、休みも与えられず最低賃金も守られない、実習生という名の奴隷達。何人命を落としたのか? 元締めも把握していない。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190125/k10011790841000.html そして気がつけば、日本の経済は、法によ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

快慶:写実力あってのデフォルメ

東京国立博物館で開催中の特別展、「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」を見に行ってきました。特に印象に残ったのは、快慶(の指揮の下で制作された)十大弟子立像の写実性でした。 運慶と並び、「慶派」の立役者として歴史の残る、快慶の仏像の作風は、まるで演劇や舞踏の一場面を切り取ったかのような、今の言葉で言うリアリティに溢れた仏像も多い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

9月30日加筆:情に流され分断と衰退を招く「基地引き取り運動」

沖縄に集中する在日米軍基地を、沖縄県外(具体的には本州)に引き取ろうとする運動が、一部の市民と大学教員によって、組織的に進められています。私はこの運動について、問題提起としては重要である一方、社会運動としては、国内世論を分断させ、沖縄の基地反対運動への、他県からの応援を阻害し、結果的に沖縄の人達を一層孤立させかねない、無責任な運動だと、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019/08/18 追記:南京虐殺

戦時中、南京郊外での住民虐殺を行った兵士達が、当時書き残した日記「陣中日記」を、小野賢二さんと言う方が、長年かけて調査している様子が、2008年4月6日深夜、日本テレビで、「兵士たちが記録した 南京大虐殺」というタイトルで放映されました。 http://www.dailymotion.com/video/x117i42 http…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

資料紹介:拉致問題は決着済み

米国と北朝鮮との、電撃的な和平交渉開始に次いで、北朝鮮に捉えられていた米国籍人3名が開放され、日本神羅ち被害者はどうなるのかが、改めて問題になっていますが、日本の拉致被害問題は、外交上は、小泉政権時代に決着済みとの指摘が出ています。 http://gekkan-nippon.com/?p=13334 以下、元日朝議員連盟会長の石…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

資料紹介:日本のフェイク・ニュース

 近年、インターネット上で、ニュースの体裁で拡散される虚偽情報、いわゆる「フェイク・ニュース」が、大きな問題になっていますが、日本の場合、閣僚や、与党議員自らが、公式の発言や公式メディアを通じて、虚偽情報を、絶え間なく流し続けるという、他の先進国には見られない異常さがあります。 http://buzzap.jp/news/201803…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

資料紹介:米国の代理で戦争するための南西諸島基地

以前のブログで、日本周辺で紛争勃発の危険が高まったときは、在日米軍は撤退してしまい、沖縄や南西諸島に配備された自衛隊が、沖縄県を主戦場に、米国の代理で戦争をするという、米国政府の方針を紹介しましたが、 http://hiroshi-s.at.webry.info/201303/article_2.html それに関連した資料、主…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

資料紹介:ペリー元国防長官の証言。辺野古基地は日本政府の意向。

先週のことになりますが、NHK教育テレビで、クリントン政権時代の国防長官であった、ウィリアム・ペリー氏へのインタビューが放映されました。 http://www4.nhk.or.jp/etv21c/x/2017-11-18/31/6516/2259599/ インタビューの内容は、1990年代半ば、北朝鮮の核開発が明らかになった時の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

権力の暴走よりも、批判よりも、国民の沈黙の方が怖い

沖縄県東村高江地区でのヘリパッド建設反対運動を見て、「東村村民には賛成している人も少なからずいる」とか、「沖縄県民の意見は多様」とか言う人達が居ますが、こうした言動は、この問題が、深刻な騒音公害問題であるという、基本的な事実を無視した、とても無責任な言動だと思います。高江にせよ、普天間・辺野古にせよ、嘉手納にせよ、沖縄の米軍基地問題は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

学習指導要領へのパブリックコメント

先日ある民間団体より、”「次期学習指導要領等に向けたこれまでの審議のまとめ」に関するパブリックコメント(意見公募手続)の実施について”というパブリックコメントに、意見を出して欲しいとの依頼メールが来たので、パブリックコメントの募集要綱と添付資料に一通り目を通してみたところ、次期学習指導要領の最大の問題点は、北欧諸国のような、少人数学級で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本政府には無い歴史への誠実さ

去る8月6日に、NHKスペシャルとして放映された、「決断なき原爆投下 ~米大統領 71年目の真実~」を見て、一番驚いたのは、近年の研究で明らかになった、トルーマン演説の嘘そのものより、トルーマンの嘘を暴く資料が、米軍の施設も含め、公的な図書館にきちんと保管されて、(恐らくは一定の期間経過後に)社会に開示されている、という点でした。 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

日本の大手メディアが伏せる「国際海洋法条約」

先日日本の新聞各社は、フィリピン政府が国際海洋法条約に基づき提訴した仲裁裁定で、フィリピンと中国が領海を巡って争っている南沙諸島における、中国の領有権が否定された、というような報道が相次ぎましたが、調べてみると、一連の報道には、すくなからず嘘が含まれていることが分かりました。 私も国際海洋法条約の条文を確認してみたのですが、そもそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

資料紹介:自民党の変貌と外務省の暗躍

2015年12月13日付けの、インターネット版産経ニュースに、日本共産党の、不破前議長の会見の模様(文字起し版)が、掲載されています。 終戦直後から現在までの政治の変遷を、保守政党からファシズム政党に豹変してしまった自民党の変化の様子や、対米隷属を支えてきた外務省の暗躍について、詳細な証言が記載された、貴重な資料になっています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

短文投稿:顧みられなかった遺言

先日公開された、井深大氏晩年の講演録。 http://newswitch.jp/p/2478 ソニーの創業者の一人であり、戦後の日本の、技術競争力を築いた立役者の一人である井深氏は晩年、 技術信仰をたしなめ、エレクトロニクス産業におけるパラダイムの転換に備えるよう、警告を発していました。 けれど、 その警告に耳を傾…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英国政府と米国財閥の謀略

 最近、特にニュース番組の内容について、「アベチャンネル」とも言われ、その公共性が疑問視されているNHKですが、今夜放映されたNHKスペシャル「新・映像の世紀  第1集」は、同番組HPでは詳細に触れられていないものの、気骨のある内容でした。  番組の内容は、サブタイトルに「百年の悲劇はここから始まった」とあるように、第一次世界大戦…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8/9追記:表現は道具。良くも悪くも

現在 IZU PHOTO MUSEUMで開催中の、”戦争と平和ー伝えたかった日本”展を見に行ってきました。展示内容については、「戦中・戦後の〈報道写真〉をテーマにした」と説明されていましたが、中身は、今で言う”報道”やジャーナリズムというより、むしろ「政府広報」と言うべきものでした。 会場全体を見て、まず心に浮かんだのは、「今と変…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

短文投稿:産業革命遺産と松下村塾

日本政府がユネスコに申請した、産業革命遺産の内容について。 http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/yuushikisya/kadouisan03/singigaiyo.pdf 日本政府は、「萩の産業遺産群」と、ぼかしていますが、その具体的内容を見ると、この”群”の中には、産業遺跡とはほど遠…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

資料紹介:イスラエルに関する10の嘘

ベルギ-人ジャ-ナリスト、ミシェル・コロンが、イスラエル建国を正当化するために、メディアが­大衆に信じ込ませた嘘について解説したビデオが、日本語字幕付きで無償公開されています。 https://www.youtube.com/watch?v=iJU3VBA7euU&feature=youtu.be 上記ビデオの内容をか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空虚を祀る神殿にて

 先日、パルテノン多摩で開催されていた、報道写真家・福島菊次郎氏の写真展を見に行ってきました。  私がまだ子供だった頃、テレビのニュースで見た話の現場の様子が撮影された写真の数々。私達の、現代の生活の犠牲になった人達を写した写真。礎ではなく、居なかったことにされた人達。  権力は、彼らを抹殺しようとした一方、新聞でも、後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昭和の亡骸

先日、建築家の黒川紀章さんが生前開いた事務所が、会社更生法の適用を申請したとの報道がありました。 http://www.tdb.co.jp/tosan/syosai/3992.html http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ15HNP_V11C14A2TJ1000/ 1960年代から1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10/29追記: 文部科学省官僚の質の劣化

下記のブログに、文部科学省による検定を経た道徳教科書の紙面が紹介されていますが、日本国憲法はもとより、近代国家の基本理念からも逸脱した価値感を、学童に身につけさせようとする記述が見受けられ、現在の文部官僚の知性が、いささかお粗末なレベルであるように見えます。 http://saigaijyouhou.com/blog-entry-26…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アーティストはミュージシャンより創造的なのか?

18世紀末の産業革命を機に、人類は自然の模倣や手仕事の蓄積から離れ、定規で引いた図面通りにモノを作る術を手にしました。抽象芸術も現代音楽もモダン・ダンスもコンセプチュアルアートも、その延長線、つまりは、頭の中だけで構築する抽象的な思考に特別な意義があるとする(ある時代特有の)価値基準に基づいて発展してきたものではないかと思います。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本土では報道されなかったこと

沖縄以外では報道されなかったようですが、昨年11月、共同通信社の調査で、陸上自衛隊が秘密裏に予算を使い、独断で海外諜報活動を行っていることが明らかになりました。 http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-215901-storytopic-3.html http://ryukyushimpo.jp/ne…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

信仰とは

友人から紹介してもらった講演録です。 恐れ入りましたと言うほかないです。今の自分は、「勉強になりました」と言える段階にすら、至ってないでしょう。 http://ww4.tiki.ne.jp/~enkoji/honda.htm
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10/30 追記:資料紹介(原発事故関連)

中日新聞で連載されている、原子力関連記事を紹介するブログがありましたので、リンクを張っておきたいと思います。これからの社会を担う人達が、リテラシーを身に付ける上でも、大切な記録になるのではないかと思います。 http://mizukith.blog91.fc2.com/blog-entry-531.html http://m…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

資料紹介(尖閣問題)

政治的思惑による発言のみが報道され、素人の知識のひけらかしが宣伝される一方、専門家による学術的研究は封印されがちな尖閣諸島の帰属問題ですが、横浜国立大学の村田忠禧氏が、学術調査の結果を、インターネット上で公開しています。 http://www.geocities.jp/ktakai22/murata.html *上記URLは現在…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more