さとうひろし 一有権者のブログ 

アクセスカウンタ

zoom RSS アフリカ裏話など

<<   作成日時 : 2010/07/08 21:28   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

5月末開催された、日本サウンドスケープ協会シンポジウムの後、会長の西江先生から伺ったアフリカなどの裏話。実際に、紛争地域も含め、何度もアフリカへ取材に出かけている西江先生のお話だけに、リアルです。

1.最近、物凄い勢いでアフリカに経済進出している中国から、時々、普通の人とは明かに顔つきが違っていて、皆同じ服を着ている集団が、アフリカの国々へ入国しているそうです。現地の人の話では、「恐らく囚人だろう」とのこと。

2.最近は、アフリカのどんな僻地へ行っても携帯電話を見かけるそうです。原始的な遊牧生活を続ける部族の中にも、インターネット・トレーディングで荒稼ぎしている輩がいる。かと思えば、年収300円程度(万円ではなく)しか無いのに携帯電話電話を使っている住民も居るとのこと。電話会社が料金取り立てに来れないのをいいことに、どこかから、次々と携帯電話を仕入れて来ては、使えなくなるまで通話料を踏み倒しているのかも?

3. ソマリアは、どの部族も話し言葉が同じなのに、かつて様々な国の植民地に分割されていたせいで、書き言葉はバラバラ。部族間交渉になると、同じ言葉で交渉しているのに、ある部族は英語でメモを取り、ある部族はイタリア語でメモを取り・・・(西江先生はその場に居たのか?)
けれど小学校では、どの部族も、アルファベットを使った共通の書き言葉で国語を教えるようになったとのこと。この子達が部族のリーダーになる時代には、戦争も終わってひとつの国にまとまるか?


*ちなみに、かつてアフリカ大陸から新大陸(南北アメリカ)へ次々と奴隷が送り出されていた時代、新大陸の白人に奴隷を売ったのもまた、アフリカの人々だったそうですが、北米に向かった奴隷船には、違う部族(対立している)の住人達が乗せられ、奴隷同士が団結しないように工作されていたそうです。そのせいで奴隷達は、彼らの文化を新大陸で継承させることが出来ず、やがて北米の黒人特有の文化が生まれて行ったそうです。
一方、中南米に向かった奴隷船には、同じ部族の住人ばかりが乗った船も多く、実際奴隷が団結して暴動を起こし、奴隷になることなく新大陸(中南米)へ散らばって行ったケースも多いそうです。そうしたケースでは、祖先の文化が途絶えることなく継承される場合が多く、実際今でも、ブラジルの隣国スリナムでは、アフリカから伝わった音楽がそのまま伝承されている地域もあるそうです。


4. ニューギニアには、1960年代になって初めて、外部の人間に接触したという民族が居る。以前、西江先生がそこへ調査に行ったとき、滞在中だけでも5〜6人以上の部落民が「仇」で殺された。村で誰かが殺されると、殺された人と親しかった人達が集団で仇討ちに行く。殺した側も集団で迎え撃ち(昔のヤクザの果し合いみたいなもの)。必ず誰かが殺される。でまた仇討ち。
それを何百年か何千年か、延々と続けているのに戦略家(軍師)は決して生まれないし、仇の村を占領するとか皆殺しとか、捕虜にするという発想は決して生まれない。永遠に仇討ち(個人的な恨みを晴らす)のまま、戦争には発展しない。生きるのに何の不安も無いほど食料に恵まれた地域では、領土拡張とか敵とか支配という概念が、そもそも生まれないらしい。


その他、シンポジウム後の打ち上げでは、「なぜ霊長類の中で人類だけ、体毛がほとんど無くなってしまったのか?」という話題も出ました。服や火を発明する前に体毛が抜けたならとっくに絶滅しているし、体毛があるうちに服を発明したなら、なんの必要があって服を作ったのか?

西江先生からは、人類起源水棲生物説(霊長類のうち、一旦アシカのように水中生活に適応し体毛を失った種が再び陸上生活を始めた)が紹介されたのですが、ではその、水中ザルはどうやって食料を確保していたのかという話になりました。

陸上には果物があるけど天敵だらけだし、元がサルでは泳ぐ魚を捕まえるほどの運動能力も無い。

ならば、「みんなで陸上の動物を水中にひきずり込んだのでは?」とある大学教員が言い出しました。

それって・・・・・ カッパ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アフリカ裏話など さとうひろし 一有権者のブログ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる