さとうひろし 一有権者のブログ 

アクセスカウンタ

zoom RSS 命を賭けた非暴力不服従

<<   作成日時 : 2010/11/23 15:09   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

私も、Democracy Now に記事が出るまで知りませんでした。
アメリカの公民権運動は、当時の州法(憲法違反の判決が確定していた)に逆らって、バスの白人席に黒人が乗り、黒人席に白人が乗る運動から火がついたそうです。当時はそれだけで、地元住民(だけでなく警官からも)に襲撃される、行動を起こした乗客だけでなく運転手までも襲われる、命賭けの行動だったそうです。

当初10人ほどで始まったこの運動(フリーダムライド)は、やがて400人以上が参加する大きな運動となり、運動に参加した乗客を警察が次々逮捕したため、ミシシッピの刑務所はフリーダムライダーズで一杯になってしまったそうです。更に運動は広まり、南部で大きな暴動が起きる一歩手前になってようやく、当時の大統領(ケネディ)が重い腰を上げ
憲法違反の州法を撤廃させたそうです。

行政の犠牲になった人達を、「自己責任」「甘えている」と言って蔑み、(自らも行政の犠牲になっているにもかかわらず)無益な自己満足に浸っている、日本でよく見かける大衆とは大違いです。

http://dnj.sakura.ne.jp/video/20100201-1

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
同じく同意です。非暴力と非服従の本当の意味は命をかけてまで暴力に頼らずとも最後まで悪に従わず抵抗することであると思っています。だから「甘える」とか「自己責任」とかは「命をかけなる覚悟がない臆病で腰抜けな大馬鹿野郎どものいい加減ないいわけ」です!だからもしも中国や韓国、過激な捕鯨団体や日本政府が何かをやろうとしたその時は抗議デモを起こしてどんな時でも屈服せず命をかけて戦いましょう!
ヘリオン
2014/04/11 19:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
命を賭けた非暴力不服従 さとうひろし 一有権者のブログ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる