さとうひろし 一有権者のブログ 

アクセスカウンタ

zoom RSS 結局嘘はバレる

<<   作成日時 : 2011/12/17 00:17   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

日本政府がいくら現実を隠しても、結局はバレます。福島第一原発事故処理に、作業員として潜入したジャーナリストが、外国人記者団を対象に、事故現場の実態を暴露しています。

http://www.youtube.com/watch?v=rzLTS7mZkKY&feature=youtu.be
上記がその場面です。以下に、彼が暴露した実態の一部をピックアップしてみました(一言一言の文字起こしではなく要約です。)


日立のやっていることは東芝に知らされず、東芝のやっていることは日立に知らされない。両者が協力してオールジャパンになれば、状況はもっとよくなるのでは?

汚染水をつなぐ配管は寿命の短いプラスチックのフレキシブル型。冬は凍結して汚染水が漏れる恐れ。原子炉内の燃料ペレットの状況は未だ未確認。終息の見通しは立っていない。

作業員の被曝線量ごまかしの手口(実際より被曝線量を低く見せかける方法)
作業員の被爆量をごまかさないと、東電から支払われる金額では作業ができないし工程が間に合わない。被爆量のごまかしを拒否すれば解雇されるだけ。
東京電力は事故直後「死んでもいい人間を集めてくれ」と協力企業・下請け企業に言った。
東京電力は(死んでもいい人間を集めてくれと言ってから)何箇月も経った後、協力企業・下請け企業に、(過去に溯って)作業員の健康診断を要求。協力会社は自主的に、偽造の健康診断書を提出。

日立、東芝などのメーカーは事故を終息させるアイデアをたくさん持っているが、日本政府と東電は、「事故は終息した」という建前で事故処理予算を大幅にカットしたため、これらの対策が実現できないでいる。

ヤクザは事故後に関わってきたのではなく、地元の共同体に(原発関連産業の中に)はじめから組み込まれていた。

福島第一原発事故は現在でも全く終息していない。
原発作業員用の診療所はあるが、診療所に立ち寄ると送迎バスに乗れないので、宿泊地(いわき市)まで1万5千円かけてタクシーで帰らなければならず、利用者はほとんど居ない。

虎ノ門病院の谷口医師らの尽力により、造血細胞の採取体制が整ったあったにもかかわらず、採取を受けた作業員は二人のみ。実施が進まないのはコストのせいか?

(作業員の体に放射性物質が付いていないかをチェックする)スクリーニングは、線量計を動かす速度が早すぎ。線量計の感度設定も作業員には知らされない(実際には測定していない可能性が高い)。

(作業員として潜入した)自分が、ジャーナリストであることがバレたのは、作業員向けのレクチャーを、毎回メモを取りながら真面目に聴いていたから。ただし解雇された理由は、表向き、自分がジャーナリストだからではなく、遠距離通勤(いわきに宿が取れなかったので東京から通勤)の期間が長すぎたため。

暴力団員は、作業員の派遣に絡んでいるので現場に来ている暴力団員は皆無(福島原発に来ている人間の中で暴力団員だと分かったのは3人)、自分がヤクザの口利きで現場に来た事を自覚していない作業員は多い。自分自身はヤクザを通じて3回応募したが、途中で話が消えた。実際に作業員として採用されたのはヤクザ経由ではなかった。

暴力団が経営している協力会社もある。借金のカタに原発で働かされるケースは20年前からあるし、今後も続くだろう。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
結局嘘はバレる さとうひろし 一有権者のブログ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる